白髪染め 成分

白髪染めと有害成分

白髪染めを使ってかゆみや炎症が起こるの原因のひとつは成分です。
また、すぐに違和感を覚えなくてもコワイものもあるんですね。

 

頭皮から吸収された有害成分は体の色々なところを攻撃し、場合によっては
深刻な症状を引き起こすことがあるそうです。

 

特に敏感肌の方は成分には十分注意したいですね!
また、妊娠中や産後の方も白髪染めをする場合は無添加の高品質の
ものを選びましょう!

 

特に気をつけたい成分

オルトアミノフェノール、パラフェニレンジアミン
これは白髪染めの中でも最も注意したい成分です。
皮膚に強い刺激があり、アレルギー、発熱、喘息を発症する危険性があります。

 

レゾルシン
医薬品として使われる成分で、重篤な腎臓障害や昏睡を引き起こします。

 

アルキルベンゼンスルホン酸塩
以前は合成洗剤に使われていましたが、今では使用禁止になった成分。
皮膚に湿疹を起こししたり、また催奇形性があるので注意が必要です。

 

ヘアカラーというのは、化粧品の中でも特にトラブルが多いそうです。
上記にも述べたように、ほかの分野では使用されていないのに使われている
場合があるのが原因と思われます。

 

実際にヘアカラーを使って死亡したケースもあるので軽く考えてはいけません!
自分で買う場合はきちんと成分を確かめて買いたいものだと思います。

 

ヘアカラーの成分で起こりうる障害は、アレルギー、がん、喘息、発熱など
多岐にわたっています。

 

また、使った直後はトラブルがなくても、使い続けることによって将来アレルギーが
発症する可能性も高いそうです。

 

特に、妊娠中や授乳中の方は白髪染めをしないほうが安心ですね。

 

 

美容院の白髪染めは危険?

綺麗に染まる美容院のカラーリング、まったくしないのが一番ですが、
やはり人前に出るときやあらたまった席に出るときに白髪頭は気になります。

 

ところで、美容院の白髪染めは多少の違いがあるにせよ、2剤を混ぜて染める
という点ではほぼ一致しています(ヘナなどは別ですが)。

 

2剤には化学成分が使われていて、髪の色を抜く脱色剤、色を付ける染色剤、
キューティクルを開いて色を入れやすくするアルカリ剤などがそうです。

 

無理やりキューティクルを開いて色を入れていくわけですから、髪の健康にも
良くないし、とても刺激が強い成分なのです!

 

一度の白髪染めで髪が傷む、というのがわかりますね。

 

 

消費者センターへの苦情も多い

ヘアカラーは消費者センターへの苦情の中でもトップ10に入るとのことです。
化粧品よりもトラブルが多くしかも深刻なものが多いそうです。

 

日本では使用されない「酢酸鉛」が配合されたヘアクリームに関しての調査では
人体に影響があるという報告も出されています。
神経系統、腎臓、生殖機能に影響を及ぼすことがあるので、使用は避けたほうがい
ということです。

 

国内で販売されている白髪染めには酢酸鉛は配合されていませんが、
個人輸入する場合はこの限りではありません。

 

もし個人で輸入する場合は成分をきちんと確かめることが大事ですね。